Pocket
LINEで送る

 

「合宿で免許を取得したいと思っているんだけど、

やっぱり年齢とかのこともあるし大丈夫なのかな?

 

などと思われているあなた‼︎

全然大丈夫です^^

 

確かに学生が多かったり。

などと考えると心配事も多いですよね。

 

でもですよ、

むしろ利用の仕方次第では、

いろんなメリットがあったりしますから

逆にオススメだったりするんです

 

 

そこで、

今回は30代以降の方でも免許取得を合宿で考える際の

メリットをご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク


30代40代以上だから。と合宿免許での免許取得を諦める前に

 

 

この記事を読まれているあなたは、もしかすると

 

「今さら教習所に通うのはなぁ

 

不安や恥ずかしい気持ちになっているのかもしれませんね。

 

でも、合宿ならそんなこと考えなくても大丈夫ですよ^^

行く時期や場所によっては、

合宿に参加している人のほとんどが35歳以上だったりします。

 

 

しかも免許合宿といっても全て普通車ではありません。

 

二輪や大型、特殊免許も合宿で行なっていたりもします。

 

特に大型や大型特殊の合宿免許を

取り扱っている教習所の場合であれば、

30代40代場合によっては50代の人も参加しています。

 

行く時期などを踏まえれば同世代の方も結構いたしりますから、

余計な気遣いなく落ち着いて教習に集中できるでしょう。

 

 

 

ちなみに私が合宿免許に参加したのは20代でしたが、

すでに社会人になって仕事をしていました。

 

 

 

社会人の方であればわかると思うんですが、

学生時代と違って、年齢云々とかの隔たりって

ほとんどなくなってくるんですよね。

 

 

学生が、○年生という考え方をするのと違って

社会人何年目。

 

なんて話は基本的にほぼほぼしないと思います。

 

 

社会人なら社会人。という一括り。

 

 

私も社会人として合宿免許に参加しましたが、

同じ社会人の人も何人かいたので、

比較的安心して過ごすことができましたよ^^

(結構仲良くなれたりもしました)

 

 

もしあなたが、今すぐとか急いでなければ、

次に説明するようなところに気をかけてもらうだけで、

安心してなおかつ楽しく免許が取得できるようになりますよ^^

 

 

30代40代の人は、どうすれば安心して合宿免許に参加できるのか

 

 

先ほども少し触れましたが、やはり

入校する時期は大きいですね。

 

スケジュールの都合が合えば

学生が集中する夏休みや春休みを外すのは絶対ですね。

 

ここは大人の意見()として言うと、

周りの人が若い人ばかりになるとノリについていけなかったり、

騒がしく感じることもあると思います。

 

 

私は3月下旬に入校したので、

春休みの高校生の最終部隊が入校当時はいましたから、

まぁ結構うるさくて正直言うと

イライラした時もありました(^_^;)

 

 

「そのエネルギーを教習に

つぎ込んでどんどん受かってしまえー‼︎

 

と毎日思っていましたが(笑)

 

でも4月になった途端一気に静かになって

逆に違和感を感じたぐらいです。

 

こういったこともあって、

入校する時期は考えていただくといいと思います。

 

 

 

オススメの合宿免許の入校のタイミングとは?

 

35歳以上の人の場合、

仕事をしている人が多いと思いますので、

年末年始やゴールデンウィーク、

お盆などは当然外して

先ほどの学生の長期休暇も外した頃になれば、

比較的教習所自体も空いています。

 

 

なので

5月の連休明けから7月上旬

9月の後半から12月中旬

 

この時期が最も行きやすい時ですね

 

 

教習生自体が少ない時期ですから、

教習所内の技能教習も繁忙期のように

「駐車の練習をする人を待っている」というようなこともなく、

スムーズに教習も受けられます。

 

 

空いてる時期・閑散期をおすすめする理由

 

もちろん空いていれば

教習もスムーズに行くことは当然ですが、

それ以外にも理由があるんです‼︎

 

と言うのも、

一日中教習がギッシリ詰まっている。

なんてことは絶対になくて

昼食の時間を除いても一日の中で

1時間か2時間ぐらいは空きがあったりします。

 

 

この時間が結構大事なんです。

 

 

この空き時間をいかに使うかで合宿中の環境が変わってくるんですよね。

 

 

こちらの記事などでも詳しくお伝えしていますが、

私がオススメする空き時間の活用は、

 

①近くを散歩してリフレッシュと、知らない土地の道を覚える

②生活用品が足らなくなってきたときに買い物

  (リフレッシュも兼ねることできますね)

③学科の勉強でテスト対策を頑張る

 

私は①と③をよくしていました。

①は学科ばかり受けてると頭がいっぱいいっぱいになってしまいますし、

やっぱりなんでもリフレッシュは必要ですよね。

 

③については、

学生を卒業してからはおそらくここまで勉強していたことはないんじゃないかな?

というくらいでしたから、最初はなかなかうまくいかないものでしたね(^_^;)

 

ただ、

やはり人って慣れるもので、次第に勉強に対する集中力もできてきたので、

しっかりと自己管理することができるようになりました。

 

運転に関わる学科試験は問題をよく読まないといけなかったり、

ひっかけ問題が多いので、余計に思うようにいかなかったりしますから、

一生懸命勉強はしないといけないですよね。

 

その際に教習所に置かれているパソコンなどを利用することで

集中して勉強に励むこともできたりするわけです。

 

教科書を読み始めたはいいけど、なんとな~く集中できなくて気がついたらスマホを

 

なんてことも避けられたりできれば、短期での合格に向かって着実に前進できます。

 

こういったことは、閑散期を狙うことで教習生の人数も少なくなり、

教習に集中できたりしますからこの時期を狙っていくといいと思います。

 

そして、閑散期を選ぶのにはまだ理由があるんです‼︎

 

それは、

 

閑散期の料金

です。

 

閑散期は繁忙期に比べて、諸費用が3分の2ぐらいの料金でおさまる

なんてことがあるんですよ

 

例えば30万円前後の費用がかかる時期と比べたら20万円前後。

場合によっては10万円代のプランも実際にあります。

 

免許ってやっぱり料金が高いことも

なかなか足が向かない理由の1でもあったりするものです。

 

学生時代に親に肩代わりしてもらえたりするのであればいいですが、

自分で費用を準備しないといけないとなると、やはりここがネックでもあるんですよね(><)

 

ですが、先ほども書いたように、

閑散期を外した期間で合宿に参加されることで10万円代で行けちゃうことだってあるんです‼︎

 

それに加えて、教習所が独自にやっている割引サービスなども活用すれば、

さらにさらにお得に済ませられたりもしますしね^^

 

ぜひこの時期に申し込まれることをオススメします。

 

 

まとめ

 

 

35歳以上の人が合宿免許に行くぞというのはデメリットが多いと思われがちですが、

実はメリットの方が多かったりしますので、

ぜひ合宿で旅行気分も味わいながら行ってみるのもいいのではないでしょうか。

 

旅行気分といえば、本文では触れませんでしたが、

ホテルでの宿泊プランで美味しい食事だったり、温泉三昧だったり、

教習所によって多くの人に来てもらえるような工夫をしているケースも

かなり増えてきています。

 

日頃の環境に飽き飽きしていたりしたら、何か新しい空気に触れてみるという意味でも、

この機会にいろいろプランなど調べてみるのも楽しいですよ

 

これから合宿先を選ぼうとされている方は、こちらの記事も参考にして

楽しい免許合宿にしてください^^

 

経験者が語る合宿免許先の選び方。絶対抑えおきたいのはこれだ‼︎

かめの合宿免許体験記

こんにちは。このサイトの管理人のかめと言います。

 

私は合宿免許に参加して免許を取得したことで、

生活が楽しく・快適になって

マジで人生変わっていきました!

 

合宿免許・免許取得を通して、私がどう変わったのか?

こちらで紹介しています。

→かめのプロフィール

===================
合宿免許の経験者目線で選んだおすすめの合宿免許予約サイトはこちら。

スポンサードリンク



ブログランキング参加してます♪
  にほんブログ村 資格ブログ 運転免許系資格へ

Pocket
LINEで送る