Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク



これはカーブ時の注意の記事でも書いた点で、交差点での右左折の時は必ず”徐行”

 

万が一にもノーブレーキで交差点侵入。なんてことがないように!

 

その記事はこれです

いよいよ発進!&課題以外にも減点される箇所は多い。

 

 

そして曲がる時の注意点としては、試験官の番を右(左)の指示があったら

事前にしっかりと幅寄せ(30メートル前には寄せ完了)をしておく。(目安は50センチ。試験場は縁石に水切りがありますので、それを目安にするとちょうどいいです)

 

ウインカーを出す際の目視確認事項を徹底。

 

寄せが完了したら交差点へと侵入していくわけですが、

寄せの時に確認したからと言ってハンドルを切る前にもしっかりと「巻き込み確認」

 

そして左折なら”交差点の側端を沿うように”(側端から50センチ)徐行で曲がる。

 

右折なら交差点の中心のすぐ内側

 

私の場合、本免時ではありますが曲がる時に少し大きめに回ってしまったので、試験終了後に試験官から「あの交差点での左折がちょっと大回りだったね」って感じに注意されました。

 

あと、左折の時は左にしっかり幅寄せしているが、右折の時にも道路の中央(一方通行を除く)に寄ることも忘れずに

 

しっかり曲がり切ろうとして中央ではなくショートカットしている人も試験の時にいたのだが、やっぱり試験官のペンが用紙に動いて何か書き込んでいました。

 

特にこのような表示が路上にあった時。

 

この時にはこの矢印の部分に沿って曲がって行くことが必要になるので、右折時の左前輪の動きに注意しておきましょう。

 

それでは、いよいよ腕の見せ所、まずはこちら

→①見通しの悪い交差点&②坂道発進

かめの合宿免許体験記

こんにちは。このサイトの管理人のかめと言います。

 

私は合宿免許に参加して免許を取得したことで、

生活が楽しく・快適になって

マジで人生変わっていきました!

 

合宿免許・免許取得を通して、私がどう変わったのか?

こちらで紹介しています。

→かめのプロフィール

===================
合宿免許の経験者目線で選んだおすすめの合宿免許予約サイトはこちら。

スポンサードリンク



ブログランキング参加してます♪
  にほんブログ村 資格ブログ 運転免許系資格へ

Pocket
LINEで送る