Pocket
LINEで送る

 

合宿免許は日本全国いろいろな教習所において

日々実施されていますね。

 

せっかく遠出するのであれば、

短期間での免許取得のため!

と言うのは大前提ですが、

その他の要素も色々気になる

というのも本音だと思います。

 

「教習所卒業したらその帰りにはちょっと遊んで~

なんて期待も^^

 

しかし、参加する時期と場所によっては

雪国で合宿なんてことも当然起こり得ます。

 

卒業した後は、

もちろん雪の中で楽しい時間を過ごせますが、

やっぱり教習中の雪道は心配ですよね

 

ただ、これは考え方によっては

大いにプラスに作用することだってあります^^

 

 

と言うことで、今回は

雪国で合宿免許を取得しようとすると

どんなことが考えられるのか?

をいくつかピックアップしてお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク


雪国の合宿免許は教習で”嬉しいオマケ”がついてくる

 

 

雪なんて一年の中でも住んでいるところによっては

ホント1回あるかないかぐらいのもので、

関係ないと思われる方がほとんどではないかと思います。

(だからこそ雪国での教習を。と考えられる人もいるのだとか)

 

私も長きの間車に乗っていますが、

雪なんて遭遇するのは年間で1回もなかった

なんてことがあるぐらい無縁です。

 

これから合宿を考えるかたの中には

「雪の中の運転は心配だから教習は避けようかな

と思う反面、

「ちょうど休みの期間が長いし、

いっそのこと教習所卒業した後は

雪の中でまったり温泉でも浸かれたら最高じゃん‼︎

と考えられる人もたくさんいます。

 

高校や大学卒業のタイミングの人であれば時期も時期ですからね。

 

卒業旅行・仲間と過ごす時間。

そんな風に考える人もいるでしょう。

 

となると、普通に通学で教習所に通うより

なおさら期待と不安の両方が大きくなると思います。

 

なので、せっかくのタイミングですから、

冬に合宿で免許取得を考えるのであれば、

この機会に雪国での教習もぜひ考えてみるといいと思います

 

と言うのも

よ~く考えてみると、

そもそも車の免許を取得する目的は「生活する上で必要」

と言うのが第一だと思います。

 

ですが、それ以外の要素の1つとして

 

・旅行に行った際に運転できれば色々重宝することばかりだから

ということが言えると思います。

 

男性であればスマートに運転できれば紳士的アピールできますし

 

女性でも、「グループで旅行

なんて時に移動手段は徒歩・バス・鉄道移動のみ。

 

それだと動ける範囲、回れる観光地も限られて

なんだか毎回ありきたりなところのみで…(-.-;)

 

→「せっかくの旅行なんだから、

できれば色々穴場スポットとか回ってインスタに~♪」

とか。

 

それだけでも男女共に

ちょっとした優越感を感じられたりしますしね^^

 

その中で、冬の時期なら特にスノーボード!!

 

ゲレンデマジックを憧れる人も少なくないです♪

 

私も何回かスノーボードに行った経験がありますが、

一緒に行った人の中に小学校からスキーではなく

スノーボードをやっている先輩がいました。

 

その人は昔からやっているだけあって、

めちゃめちゃうまかったんですよね。

 

なので、女性何人かで滑っていて、

みんな滑りが上手くないような人たちには

積極的に接したりしていて。

 

やっぱり普段と違う空間だと、

それがより一層カッコ良く見えるものなんですよね。

 

 

私もその先輩を見ていて、

その場ではすごく大きな存在に見えました。

 

 

こういったことも雪国に行く回数が増えれば

楽しみとして増えるわけです。

 

しかも、

その際のスキー場に行く時などに

率先して運転できたら

「この人頼り甲斐あるなぁ」

なんて思われるのは当然ですよね^^

 

なので、事前に教習所で雪道を走った経験がある。

と言うだけでも自分自身の安心感になりますから、

今後のことを考えると慣れておいて損はないです。

(寧ろ得ばかりですね♪)

 

それに、もしチェーンの巻き方まで教われたとしたら、

「万が一冬場山道を普通タイヤで行ってしまって、

行った先で雪が降り始めていた」

なんて時にも対処ができるようになりますし。

 

と言うか、

私が同じような状況に出くわしたことがあったんです(^_^;)

 

巻けずに慌てふためいた挙句に、

死に物狂いで運転して

近くのガソリンスタンドまで行って助けを求める始末

(結構なお金まで取られて)店員さんが巻くのを呆然と見る私

 

あれは結構ヘコみましたね。()

 

と、私の話をしてしまいましたが、話を戻すと、

基本的に雪国で過ごすことがない。という人も、

いざという時にどれだけ対応できるか

というのは身をもって体験するのが

どんなことでも一番かなというのを声を大にして言いいます‼︎

 

だからこそ、教官が横についてくれて、

補助ブレーキまで完備している

教習車での運転中に経験しておくのは、

ゆくゆく免許取得後に雪と初対面。

とならないだけでも相当の安心感になると思います^^

 

実際のところどのくらい雪って降るの?

 

冬場になってくると、どの地域においても

積雪の可能性はあります。

 

最近では春先に関西地方で雪が降ったり。

なんてこともありましたよね?

 

では、冬の時期では

どの地域が実際に雪の降る確率、

降ったあともずっと残り続けている可能性が高いのか?

 

 

これは、主に北海道から東北にかけてと

本州の日本海側の地域は降雪の中での教習の可能性が高いです。

 

逆に東北といっても太平洋側だと、全く雪がない。

というところも結構あります。

 

やはり北海道を始め、秋田、山形、新潟が

特に雪の多い地域ですね。

 

降雪量については気象庁のリンクを貼っておきますので、

ご自身の行きたい地域の積雪量を確認してみてください。↓

 

http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php

積雪状況の中での教習については次の項目で紹介していきます。

 

雪国での技能教習で心配なこと

 

合宿に行こうとする本人はもちろん、

行かせる親御さんも当然心配でしょう。

 

なので、心配なこととして

想定されるをいくつか挙げてみますね、

 

・寒すぎるでしょ!

こればかりはどうしようもありませんし、

実際雪にの地域で教習を受けた人は、

もちろん寒いことは寒いけど外出以外は施設内や車内なので

そこまで負担に感じたことはない。と言っていました。

まぁそもそも論ですが免許取得にはあまり関係ないところですね(^_^;)

 

ちなみに、服装に関しては

着脱しやすい服装を心掛けるといいです。

 

というのも、技能教習の際には

車の近くのベンチなどで待機している場合があります。

 

その時は厚着していたとしても、

いざ乗車となると、かなり運転しにくくなります。

 

そうなれば当然1枚2枚上着を脱ぐわけですが、

着脱が面倒な服だと、それだけでもかなりの時間をロスします。

 

合宿免許であればなおさらで、

教習中の時間は1分でも有効に使いましょう!

 

・そもそも危なくない!?

何も予備知識もなく運転すればそれは間違いなく怖いですが、

雪道に慣れている指導員が一から丁寧に教えてくれます。

 

隣でベテラン指導員がフォローしますので、

安心して教習に臨んでほしいです。

(隣でちゃんと舵をとってもらいながら

進めていけるのは安心感大ですよね)

 

 

ほとんどの教習所では、始めて運転する際なども

「じゃあ運転しましょう」的な感じで

いきなり運転し始めるんですが、

 

危険な状況になる前に、

隣で指導員の方が必ずブレーキ踏んでくれます。

 

というか、

ほとんどの人が最初の頃にブレーキ踏まれると思います。

 

ですので、この点は安心して教習に臨んでくださいね^^

 

・雪道の運転自体難しいのだから、検定に合格するのも難しいでしょ?

正直、通常の道路と条件は違いますから

多少の不利は考えておいた方がいいですね。

 

ただ、先ほども述べたように

その先のことを考えれば役に立つことは間違いありません。

 

教習所での目的は

「免許取得に向けて卒業まで進めること」ですが、

そもそもの目的は

「一般道で安全に、かつ円滑に運転できるか?」

です。

 

なので、事前に教習中に雪道を運転できることって

実際にはメリット面がかなり大きいんです。

 

・雪が降ってたら技能教習ないんでしょ?

そんなことはありません。雪が降っても教習はあります。

 

所内での教習時は教習所の職員さんたちが

除雪作業をしてくれて、雪のない状態で教習が受けられます。

 

途中大雪で積もることがあっても

随時除雪はしてもらえるので安心してください。

 

しかし、仮免許を取得して路上に出るようになると、

そうはいきませんが、その際も

当然雪道に慣れた指導員の隣で

教習を受けますから安心してくださいね。

(二輪の場合は中止になることがあるので、

雪国での教習は避けておいた方がいいと思います)

 

雪道の怖さを教習中に体験することはメリットばかり

 

せっかく雪道のあるところで

合宿免許に行けるわけですから、

免許取得後とは比較にならないほど

安心・安全な教習中に自然の怖さを体験して、

この先の安全運転に努めれたらいいと思います。

 

路上に出た途端に乱暴な運転をするような人であれば、

そもそも仮免許まで行くことが難しいのは

当然のことです。

 

しっかりと丁寧な運転、確認事項の徹底を身につけていけば

”教習中に大事故”なんてことにはならないので、

良い意味で運転&確認動作を

学科でも頭に入れやすくなると思います。

 

雪国だからこそわかることも本当に多いですから、

この際いろんなことを学んでいきましょう‼︎

 

)

・雪道のアクセルやブレーキのかけ方

・轍のある道の運転

・路上が凍ってしまっている場合

・早朝、深夜になりやすいアイスバーン対策

早朝、夜の路面凍結の際に路上教習などは行わないこともありますが、

これらは丁寧に教えてくれますよ♪

 

しっかり学んで免許取得することができたら、

その後の冬場のレジャーへのお出かけの際も

間違いなく安心感が違ってきます。

 

経験しているorしていない。

 

これだけでもかなりの差になるのは当然ですよね。

 

東北地方の人が雪国で運転できるのも

「雪道での運転に対する知識・慣れ」

があるからこそです。

 

いきなり一般の道で走る前に

安全な教習所で練習ができるのは

非常に大きいでしょう!

 

まとめ

 

たしかに不安要素は通常の教習よりも多いとは思います。

 

ただ、雪道の初体験は免許取得後に友人知人を乗せた時。

なんてことになるなら隣に指導員がいて

安全度が断然高い状態で経験しておくことは、

何よりも運転技術を高める要因になることは間違いありません。

 

通常ならできないことが雪国だからこそ教習中に受けられる。

ということも多いですので、

基本的にはプラスに考えて頑張っていきましょう!

 

そして卒業の後には

待ちに待った雪の中でのレジャー&温泉…♪

 

そして、免許取得後は仲の良い友人知人、

はたまた恋人や意中の相手とゲレンデへ

 

ん~。ここまで書いて思うんですが、

やっぱり後々のことを考えると

逆に積極的に受けた方が良いですね^^

 

 

冬場に合宿免許を考えるのであれば、

ぜひ雪の降る街での教習にしてみましょう♪

 

 

※雪国の教習所、合宿免許などの場合は、

プランの特典として”温泉無料券”

などが貰えるところも多いです。

 

せっかく冬場に合宿免許に行くのであれば、

雪の中の温泉なども楽しみたいですよね。

 

こういった教習以外の部分でも

お得・嬉しい体験ができるのが合宿免許です。

 

教習所選びの際は、

ぜひ特典の部分にも注目してみてください^^

 

 

その他合宿免許、教習所を選ぶ際に

ぜひおさえていただきたいポイントは

こちらの記事をご覧ください♪

→経験者が語る合宿免許先の選び方。絶対抑えおきたいのはこれだ‼︎

かめの合宿免許体験記

こんにちは。このサイトの管理人のかめと言います。

 

私は合宿免許に参加して免許を取得したことで、

生活が楽しく・快適になって

マジで人生変わっていきました!

 

合宿免許・免許取得を通して、私がどう変わったのか?

こちらで紹介しています。

→かめのプロフィール

===================
合宿免許の経験者目線で選んだおすすめの合宿免許予約サイトはこちら。

スポンサードリンク



ブログランキング参加してます♪
  にほんブログ村 資格ブログ 運転免許系資格へ

Pocket
LINEで送る