Pocket
LINEで送る

今回のテーマは「合宿免許×民泊」

 

様々な企画がここ数年でも一気に増えてきた合宿免許のプラン。

 

合宿免許を実施する教習所側も顧客獲得に必死であるのは

業界内競争がある以上仕方ありませんし、

その分これから免許取得を考える側としては、様々なサービスなどが

増えてくればくるほど良いにに越したことはありませんよね^^

 

そのため、これまでにないような

いろいろなサービスを実施している教習所が増えてきています。

 

その中のひとつに「民泊」を利用する。

というプランや教習所も出てきているんですよ^^

 

合宿免許×民泊

 

…なんだか面白そうですね。笑

 

観光客を取り込むひとつの手段として注目されている民泊ですが、

合宿免許でもその波はきています。

 

そこで今回は民泊と合宿免許。その内容はどういったものなのか?

ご紹介していきましょう!

 

合宿免許の費用を抑えて地方ならではの体験もできる方法。”民泊”とは?

合宿免許を実施している教習所が合宿希望の方をより多く集めるために、

現在も他の教習所との競争で、できるだけ安く提供可能なプランが増えています。

 

でも、「安かろう悪かろう」となってしまうと、

それがかえってお客さんが集まらないことにもなりかねませんから、

教習所の教習自体の質を下げるわけにはいきません。

 

そこで、その他のところをコストダウンさせるためのひとつの手段として、

注目されたのが民泊です。

 

民泊というのは、そもそも空きマンションの活用が目的ですから、

要は教習所で管理している宿泊施設がなくて、

ホテルも近くにあまりないという場合に多く利用されているようです。

 

かし、民泊という言葉は最近聞かれるようになって来ましたが、

教習所によっては、レオパレスなどのウィークリーマンションを

活用しているところは実は結構な数あるのも事実なんです。

 

民泊の走りはこの形式からきているのかもしれませんね。

 

また、民泊でもいろんなパターンがありますので、

ここからは民泊のパターンや、現在も行われている

面白い合宿免許プランなどについて一部ご紹介していきましょう。

 

合宿免許での宿泊施設が民泊のパターン

 

通常のケースは民泊の場合、アパートやマンションの空き世帯を

合宿中使うことで宿泊施設がわりにします。

 

ホテルとは違って、自分の家に近い感覚で落ち着く人も多いかもしれませんね。

基本的なプランではこのパターンがほとんどです。

 

あとは、食事が作れるように調理器具も用意されているので

全て自己負担にするのか、もしくは教習所が用意する食事場所で

食事を3食全てか、朝だけか、などそれぞれの教習所によって異なったり、

教習所によってはこの辺を選択できる場合もあります。

 

これについては、ぜひホームページなどでチェックしてみてくださいね^^

 

合宿免許中に農家の家に泊まる?農業体験もできる民泊プラン

どこかのテレビ番組みたいですが…()

 

実際にこんなことをやっている教習所もあるんですよ!

これまででは考えられないような面白い企画ですよね

 

詳しい内容としては、教習の期間全てではありませんが、農家のお宅に数日間

お世話になるという形式をとって、

農家の家で採れた野菜を使った料理がふるまわれたり、

農業体験ができたり体験型宿泊ができるということで

こう言った企画はじわじわと噂も広がってきています。

 

特に一人暮らしの方で、実家を懐かしんだり、

家庭の温かみを再認識したりできるのもこのプランならではですね^^

 

ではここからは、実際に体験型の合宿免許を行なっている教習所を紹介します。

 

都会生活が多い方や、自然の中での仕事が好き、自分でものづくりをすることが好き。

なんて場合は要チェックですよ

 

民泊タイプの合宿免許①いちのせき体験交流合宿免許

 

教習中の5日間は農家のお宅に泊まって残りの日数は民宿での宿泊になります。

 

農業体験やステイ先での交流を通じて岩手の田舎料理も味わえますよ♪

一度に2倍の経験、いや3倍も4倍もや思い出が生まれます^^

 

きっと一生忘れることのない体験ができると思いますし、周りの友人、知人に

「合宿免許中に農業体験したり、地元の人たちと作業したりしたんだよね~」

 

なんて話をすれば、間違いなく面白い話題になるでしょう!

 

料金に関して言うと、おおよそ28万円ぐらいです。

 

通常では、現地までの交通費は自己負担ですが、時期によっては、

モニターキャンペーンと銘打って交通費をもってもらえることもあるようです

 

料金は合宿免許にしてはやや平均より上の金額ですが、

農業体験や食事も込みになっていますので、決して割高ではないと言えますね^^。

 

詳細はこちら

いちのせき体験交流合宿免許

 

民泊タイプの合宿免許②十和田自動車学校

 

十和田自動車学校の特徴は、

地元の不動産会社とのタイアップで宿泊料金が破格です。

 

宿泊費用が最安は3,000円~高くても40,000円というのは結構驚きですね!

 

しかも、万が一検定で不合格になってしまい、

延泊になってしまっても30日以内ならこの金額で宿泊費が保証。

 

これ、経験者からすると凄すぎます()

 

教習料金はそういった保証込みでも21万円~25万円と良心的ですし、

食事は全て自己負担にはなりますが、

食事の時間等自分のペースを崩したくないという人にはうってつけですね^^

 

詳細はこちら

十和田自動車学校

 

民泊タイプの合宿免許③遠野ドライビングスクール

 

遠野ドライビングスクールは通常は宿泊施設なのですが、

希望者には農家で民泊で。というプランもあります^^

 

その日は農家の手作り郷土料理がふるまわれて。などなど、

なんと言うか、ほっこりとした気持ちになれますよ

 

こちらの教習所はもともとイベント好きなのか、

毎月2回必ずジンギスカンでバーベキューパーティーがあります。

 

合宿は約2週間いるわけですから、

必ず一回はパーティーに参加できるというわけです!

 

この辺などはかなり他社との差別化をはかろうとしていて、

利用者側からしたら面白い企画ですよね^^

 

その他、乗馬体験や、遠野ふるさと村、

かっぱ淵などの観光スポットも充実していて、なんとも特徴的!

 

ちなみに、かっぱ淵ではかっぱを捕まえると、

1000万円もらえるそうで…()

 

一攫千金も狙って、いざ免許合宿へ!

 

詳細はこちら
→遠野ドライビングスクール

 

まとめ

民泊は民間のアパートなどを利用するだけと思われがちですし、

そういったプランが確かに一般的なのですが、それだけではなく、

今回挙げたように実に様々な企画、色々な教習所オリジナルのプランもあったりして

約2週間を存分に楽しめる内容にもなっています。

 

合宿中の食事や生活をしていく上ではご自身でしなければいけないこともある分

そこは、料金が抑えられているといった面もあります。

 

せっかくの2週間前後の外出ですから、この機会に、

ぜひいろいろな体験を合宿免許を通してトライしてみるのもいいですよ

ブログランキング参加してます♪
  にほんブログ村 資格ブログ 運転免許系資格へ

Pocket
LINEで送る