Pocket
LINEで送る

免許取得を合宿でと考えている人の心配事の中で、

朝が弱い‼︎

これも気になってしまう人は多いですよね。

 

もちろん遅刻はするもんじゃないですが、そこは人間。

 

人生で1度も時間に間に合わなかったことはない

なんて人を探す方が難しいです(^_^;)

 

やはり誰しもが失敗の1度や2度は

必ず経験しているものですよね。

 

 

私ももともと低血圧で、朝にはめっぽう弱いです。

 

 

でも社会人になってからの合宿免許だったので、

寝坊とか遅刻とか、

そんなこと言ってられませんでした^^;

 

 

 

そこで今回は「免許合宿中の寝坊や遅刻について」

万が一の時にもしっかりと正しい行動をしておけば、

最悪の事態だけは防ぐことができますから、

最後まで読んで是非役立ててみてください。

 

また、

寝坊をしないための何かいい方法はないのかな?

と思われている人にも

対策法をいくつか紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク


合宿免許の場合、寝坊や遅刻はプランやスケジュールに致命的

 

 

自宅から教習所に通っている場合であれば、

一回寝坊してしまったとしても、

キャンセル料などがあれど

別の日にずらしたとしても、

まあ何とかなりますよね。

 

しかし、当然と言えば当然なんですが

残念ながら、合宿の場合は

そんなに簡単なものではありません。

 

 

 

なぜかというと、

合宿の場合、卒業までの時間割も組まれていますし

その日数で料金が決まっています。

 

 

と言うことは遅刻すれば、

日数がオーバーすることになる可能性が

高くなってしまうので、受ける側のあなたは

延泊になってしまうことも考えていかなければなりません。

 

そうなれば、

前に組まれていた教習自体の

スケジュールもズレていきます。

 

一回の寝坊が=一日のズレ。ではなく数日間ずれ込んでしまう。

なんてこともあり得るのです。

 

ですから、遅刻は絶対にしてはいけません。

 

 

1度寝坊や遅刻をしてしまうと。

 

「やっちゃった…あぁ〜もう面倒くさい‼︎

嫌になってきた。。。」

 

過去に戻れるなら前日の夜から

やり直したいものです。

 

 

ただ、

もし寝坊をしてしまったとしたら、

これはもう焦っても仕方ありません。

(まぁ焦らないという方が難しいですが)

 

 

 

とにかく”今”できることを

1つ1つ即行動に移しましょう!

 

 

まずは最優先でやるべきことをしっかりやる。

速攻で教習所に電話をして指示を仰ぎましょう。

 

 

その日の流れはどうなるのか?

今後のスケジュールはどうなるのか?

 

 

大きな費用をかけてまで

参加している合宿免許ですから、

とにかく中途半端に悩む前に

即連絡してください。

 

 

 

そしてそこから、どのように進めていくかを

教習所側と話し合うことになります。

 

 

当事者としては辛いと思うのですが、

やはりミスをしてしまった場合は

致し方ない部分ですが、全て自分自身の責任です。

 

 

仮に自分にとって100点満点の回答にならなくても

それに従うしかありませんので、

そのあたりは受け入れてくださいね(><)

 

 

でも!

 

でもですよ。

 

 

あなたの対応次第では

いい方向に展開するかもしれません。

 

次に話していく内容を読みながら、

まずは解決策を見つけていくようにしましょう。

 

 

万が一寝坊や遅刻をした場合でも100%延長が決定するわけではない?

 

 

万が一寝坊や遅刻をしてしまった場合、

どうしても気になる。

重要なことは、

 

「遅れを取り戻せないのか?」

 

ということですよね。

 

 

そもそも論ですが、もしこれが、

寝坊や遅刻云々ではなく、

検定や効果測定等で合格せずに

どうしようもない場合は仕方なありません。

 

 

ただ、

教習所側としてもできることなら、

「寝坊で何が何でも遅刻したら延泊だ!

提示した通りのカリキュラム通りだ!

なんていうようにはしたくありません。

 

もちろんどうすることもできない場合も

あるかもしれませんが、一人の寝坊で教習所全体での進捗が

進まなくなってしまったり、次に入校する予定の人にも

迷惑をかけてしまうわけにはいきません。

 

なので、

何とかスケジュール通りに卒業させなければ。

という考えのもと、

万が一の時にも対策を考えてくれるはずです。

 

実際に合宿免許先の教習所の人に聞いた寝坊や遅刻に関する話

 

これからお伝えすることは、

実際に教習所の受付の方に

直接聞いた話です。

 

 

その内容とは、過去には、

万が一寝坊や遅刻をした場合でも、

教習所側に相談の上、

個別で学科の授業をしてもらえた。

 

などということはあったようです。

 

 

また、

技能は1日の教習時間が決まっているので、

そこは守りつつも、

出来るだけ早く間があかないように変更してくれる。

ということも実際にはあったようです。

 

 

延長してしまう、追加料金がかかってしまう。

そんな心配に対する救いの手、

最短卒業の可能性はゼロではないんです!

 

 

 

しかし、それが当り前ではありません。

 

 

これも相当な救済措置的な温情裁定であり、

超法規的措置と言ってもいいかもしれません。

 

 

 

もし、相談をするのであれば

ことの重大さをしっかりと認識したうえで、

平身低頭の謝罪は当然のこと、

ダメ元の気持ちで懇願するしかありません。

(こちらの無理を聞いてもらおうとするわけですから、

ここはきっちりと‼︎

 

 

それでダメなのであれば、

これはもう仕方ありませんよね。

 

 

万が一にも億が一にも

自分の都合にそぐわないからと言って

逆切れなんて態度はご法度ですよ。

 

合宿免許期間中に延長・延泊にならないための寝坊・遅刻の対策は?

 

 

ここまでは「寝坊した前提」でお伝えしてきましたが、

温情を期待するならその前に、

そもそも寝坊や遅刻しなければいいだけのこと。

 

 

寝坊や遅刻をしないために何ができるか

何をしなければいけないか

ということを考えることの方が建設的ですよね。

 

 

なので、ここからは寝坊しないすべを考えていきましょう‼︎

 

 

免許合宿において、

寝坊しないための1番の方法としては、やはり相部屋です!

 

寝坊しやすい人は、教習所に併設している宿泊施設で

個室ではなく、相部屋にしておけば、

一人だけ寝ているわけにはいかないので、

まずお互いの寝坊は防げるでしょう。

 

 

それ以外の方法を考えるのであれば、

ホテルの場合なら、部屋についている目覚まし、

フロントからのモーニングコール、

自分の携帯などありとあらゆる手段を使って

アラームのセッティングは必須です。

 

 

 

また、ホテルによっては、

”何時までに食事に来なければ部屋に電話をしてもらう”

などをダメ元でもお願いしてみるのもアリですよ。

 

 

ちなみに今では

別途お金がかかるところもあるみたいですが、

起こしてくれるサービスを

やっているところなどもあります。

 

 

泊まるところによって、

このようなービスがあるかどうかの違いはあるので、

申し込み時や宿泊時には

チェックしてみることをオススメします。

 

それ以外の方法として、

どうしても朝に自信がないという人は、

同期の人などにお願いしてみる

というのも1つの方法です。

 

 

 

基本的に、自分で起きられるのであれば

それに越したことはありません。

 

 

ですが、夜の時間は1人で過ごしたい。

と思っていて、個室のプランを選んでしまった。

 

 

そのような場合にも、教習生同士で

積極的に助け合う環境を作ってみましょう!

 

 

せっかく様々な地方から集まった人たちですから、

交流も兼ねてコミュニケーションを取りつつ、

起きられなかった時の対応策を

お願いしてみるのもアリだと思いますよ。

 

 

自分のことをお願いするだけじゃなく、

もし自分が起きれて、相手が起きていなかった時などは

お互いにフォローし合う。

 

 

そういったお互い様の気持ちが

より良好な人間関係を作っていくと思います。

 

朝が苦手という人は、この機会に自分を律する。

 

 

もしくは周りの人たちとの関わりを作る

いいチャンスになります。

 

 

話のキッカケにもなるので、

出会った人たちとのコミュニケーションの

第一歩にもなりますよ^^

 

 

改めていうと、私個人としては、

寝坊しそうな人やそういったことが心配な人であれば、

相部屋が可能な教習所にされることをオススメします。

 

 

その次には同じ宿泊施設の周りの人に

助けを求めるor助けてあげる。

このように考えておくといいでしょう。

 

 

ちなみにですが、私の同期の人たちの中で、

友達と一緒に来ていた人は個室でも

部屋をノックしまくって起こしていた。

 

このような姿を宿泊施設で見たことがあります。

 

 

そうやってみんなで助け合うのが

一番寝坊を防ぐことになるんじゃないでしょうか?

 

ある意味、短期間と言えども

複数人で同じ時間を過ごす集団生活になるわけです。

 

 

寝坊癖のある人が一人でもいると、

スケジュール面でまわりの合宿参加者たちに

迷惑をかけてしまうこともあります。

 

 

 

ですので、もし今これを読んでいるあなたが

これから合宿免許に参加する場合であれば、

寝坊したら?を考えるよりは、いかに寝坊しないか?

の手段を事前にできる限り尽くしてみてくださいね。

 

 

生活サイクルをキチンとすることも、

最短・最速で教習所卒業や免許取得のために

欠かせない要素だと

実際に合宿免許に参加して感じました。

 

 

まとめ

 

 

最悪、寝坊をしてしまった場合は、

すぐに教習所に連絡をして

しかるべき対応をする・対応を受ける。

 

 

やはりこれしかありません。

 

 

その時にはしっかり謝罪をするのは当然のこととして、

ダメ元で救済措置をお願いしてみるのはアリだと思います。

 

教習所側もできる限りの対応はしっかりしてくれますから。

 

 

 

しかし、一番は寝坊しないように自己管理すること‼︎

 

 

 

前日夜遅くまでワイワイガヤガヤ。

次の日になったらなんてことがないように、

まずはしっかりと学科、技能を時間通りに進められるような

環境づくりをしていってくださいね。

 

 

合宿免許のプラン・宿泊施設を選ぶ際にも

今回お伝えしたような「万が一の出来事」

に対する準備・前提情報は頭に入れておいてくださいね。

 

 

 

最短で卒業するためにも、

しっかりと意識して宿泊先で過ごすようにしましょう‼︎

 

 

 

その他にも合宿中の”あるある”については

こちらのカテゴリで色々と書いてます♪

 

また、これから合宿先を探される方はこちらのカテゴリを参考に選んでくださいね♪

かめの合宿免許体験記

こんにちは。このサイトの管理人のかめと言います。

 

私は合宿免許に参加して免許を取得したことで、

生活が楽しく・快適になって

マジで人生変わっていきました!

 

合宿免許・免許取得を通して、私がどう変わったのか?

こちらで紹介しています。

→かめのプロフィール

===================
合宿免許の経験者目線で選んだおすすめの合宿免許予約サイトはこちら。

スポンサードリンク



ブログランキング参加してます♪
  にほんブログ村 資格ブログ 運転免許系資格へ

Pocket
LINEで送る